根管治療で歯を抜かずに残しましょう

歯を残す治療 「根管治療」

自分自身の歯でものを噛むことができる喜びは何事にも代え難いものです。
従って、歯を残すために毎日お手入れをする必要があります。
しかし、毎日しっかりと歯磨きをしていても、虫歯が進行し、歯を抜かなければならなくなることもあります。
最近では人工の歯を入れるインプラントというものが普及し、みなさん自分の歯を抜いて人工の歯に頼ってしまうことが多くなっています。
しかし、虫歯が進行した歯であってもしっかりと治療を行えば抜かずに自分の歯を残すことができるのです。
ここでは、その「自分の歯を残す根管治療」についての詳しい情報をお伝え致します。」

根管治療

根管治療とは
そもそも根管治療とはどういうものなのか。ご説明致します。
根管治療の必要性
どうして根管治療が必要なのか。理由をご説明致します。
根管治療の流れ
根管治療はどのように進めていくのでしょうか。
写真を使ってご紹介致します。

根管治療

根管治療を受けた患者様からのメッセージ

こちらでは、根管治療を受けることで歯を抜くことなく治療できた患者様からいただいたメッセージの一部をご紹介しています。入れ歯やインプラントを考える前に、根管治療で自分自身の歯を残すことを考えてみませんか?

やっぱりちゃんと噛める歯がいい(U様 男性)

虫歯にかかってしまったのは気づいていたんですが、しばらく仕事が忙しくて歯医者に行けずにいたんです。そうしたら我慢できないほど痛みが酷くなってしまって……。以前も同じような状態になって結局抜歯してしまったので、「またか……」と思いました。でも治療前に根管治療という方法があることを聞き、できるだけ自分の歯を残したいと思ってお願いすることにしました。

おかげさまで、治療していただいた歯は今でもちゃんと噛めますし、歯をなくしかけた経験のおかげで以前よりもしっかり歯を磨くようになりました。やっぱりちゃんと噛める自分の歯を残したいと思うので、これからは定期的に歯医者に通おうと思います。

歯を抜かずに済むと聞いて嬉しかったです(I様 女性)

以前も虫歯にかかってしまった歯がまた痛み出して、いよいよ抜かなければならないかもしれないと不安を感じていました。年齢的にも入れ歯やインプラントを入れている方が周りに多いのですが、できるだけ自分の歯を抜くのは避けたいと思って……。そんな暗い気持ちで治療に行ったので、「根管治療で歯を残せますよ」と言われたときは、嬉しくて自分の周りがパーッと明るくなったように感じました。

治療には少し時間がかかりましたし、ケアも前以上にちゃんとしなければいけなくはなりましたが、歯を抜かずに済んだことが何より嬉しいです。また同じようなことが起こらないようにケアには気をつけます。

噛める喜びを初めて感じました(T様 男性)
虫歯が酷く、近所の歯医者に行ったら抜歯だと言われました。でもそれは避けたいということで相談したところ、根管治療について教えてもらえました。治療を受けて、ちゃんと噛める状態になって、初めて「噛める喜び」を感じました。ありがとうございます。
自分の歯で噛めるって大切なことだったんですね(Y様 女性)

痛みが酷くて、ずっと食事のたびに苦しい思いをしていました。歯医者に行ったら歯を抜かなければならないと思っていたのでしばらく我慢していましたが、ついに痛みで眠れなくなってしまったため、相談させていただきました。

入れ歯にすることも覚悟していましたが、ちゃんと歯を残す方法も提案してもらえて本当に助かりました。「もう少しそのままにしていたら歯を抜かなければなりませんでしたよ」と言われて、歯の大切さを認識できたように思います。

残っている歯は大切にしようと思います(K様 女性)

すでに何本か歯を失ってしまい、現在部分入れ歯を使っております。また残っている歯を悪くしてしまって、入れ歯を増やさなければならないのかと思っていましたが、治療で治せるということだったのでお願いしました。

実際に入れ歯になってみると、不便なことが沢山あります。自分の歯が残せるなら、できる限り残していきたいと思います。次はこのようなことがないように、予防のためにも医院に通いたいと思います。

千葉県千葉市|診療予約|伊藤歯科医院
お電話の方はこちら TEL 043-277-1597