インプラントの長所・短所|根管治療で歯を抜かずに残しましょう

根管治療の総合情報サイトTOPページ >> インプラントの必要性

インプラントの必要性

インプラントの長所

インプラント治療の黄金時代

虫歯だけでなく、歯を失ってしまった場合など、自分の歯が欠損した場合に行われます。

インプラントは人口歯根とも呼びます。
インプラント義歯といっても、約30の種類があり、手術方法も異なります。

少し違いますが、自分の歯で噛んでいるような感覚が得られ、外見も本物の歯のように見えます。
「夢の永久歯」「第三の歯」などとも呼ばれ、脚光を浴びたこともありました。
インプラント治療を施した歯は、見た目がきれいというメリットがあります。

インプラントの短所

インプラント治療には、いくつかのデメリットが存在します。

第一に、手術後にきちんと歯磨きをせずに不潔にしていると、生体防御反応が働かないために感染が広がり、インプラントが外れてしまうことがあります。

第二に、歯周病で歯を失ったようなケースでは、インプラントは無理です。

第三に、あごの成長が続く子どもや、抜歯したままで長時間放置し、あごの骨がやせ細った方にはインプラント治療はできません。

第四に、歯の位置によってはインプラント治療ができない場合があります。

第五に、人工歯を埋め込むため、歯肉や歯槽骨のあいだに「アソビ」がなく、長い目で見ますと痛みを伴う場合があります。

千葉県千葉市|診療予約|伊藤歯科医院
お電話の方はこちら TEL 043-277-1597

▲ページトップヘ