根管治療の流れ|根管治療で歯を抜かずに残しましょう

根管治療の流れ

神経のある場合・ない場合で分けて、ご説明させて頂きます。
流れはご参考程度に、簡単に追って頂くだけで結構でございます。
専門医は根管治療の流れを熟知しておりますので、どうぞご安心なさって、根管治療に臨んで下さい。

神経がある場合

  • 1、治療前に、もう一度診察させて頂きます。
  • 2、該当歯の歯肉に麻酔をかけます。
  • 3、歯の神経を明示します。
  • 4、根管の長さを測定します。
  • 5、神経を除去します。一緒に血管も除去されます。
  • 6、薬剤・器材を用いて洗浄を致します。
  • 7、歯根に薬剤を充填させます。
  • 8、最後に、根幹の中を固形物で充填します。
  • (術中には麻酔がきいておりますので、痛みはありません。)

※1〜7は1回目の治療です。2回目は、歯根の確認と固形の薬剤の充填となります。
※通常、歯の神経を取る手術を致しませんと、歯の神経は残っているのが通常です。

神経がない場合

  • 1、治療前に、もう一度診察させて頂きます。
  • 2、充填物等がある場合はまず充填物等を外します。
  • 3、中の土台も除去致します。
  • 4、根管の長さを測定します。
  • 5、根の中の薬剤も除去致します。根管を拡大します。
  • 6、薬剤・器材を用いて洗浄を致します。
  • 7、根管に薬物を貼布します。
  • 8、最後に固形の薬剤で根幹を充填し、治療は終了します。

1〜7が1回目、中がきれいになったら、8.の治療をして終了です。

※虫歯の治療等で、既に歯の神経が残っていない場合は、神経がない場合に相当します。

千葉県千葉市|診療予約|伊藤歯科医院
お電話の方はこちら TEL 043-277-1597

▲ページトップヘ